インフルエンザで寝込む女性

毎年インフルエンザが流行り始めたら、そういえばそろそろ寒くなってきたなと思いますよね。ですが、別に冬だけの病気ではないのです。近年は、夏にもインフルエンザにかかる方が増加傾向です。きちんとインフルエンザの知識をつけて予防しましょう!

インフルエンザに効能のある薬は通院しないとダメ?

寒くて乾燥する時期になると必ず流行するインフルエンザウイルスによる感染症に対しては、このウイルスに対して効能を持つ医薬品を投与することで治療や予防を行うことができます。日本ではインフルエンザウイルスに対して効能がある医薬品が複数存在し、病院へ通院し、医師からインフルエンザであるという診断を受ければ医薬品を手に入れることができます。比較的手に入りやすい医薬品であるため、薬の入手方法について疑問に思う人は少ないでしょう。
しかし、インフルエンザウイルスに対して効能がある医薬品は、通院する方法以外にも入手方法が存在します。それは、医薬品の通販サイトを通じて購入する方法です。日本国内には医薬品や化粧品、サプリメントなどの個人輸入の代行を行っている業者が多数存在しており、ここから注文することで外国で製造・流通されている医薬品を欲しい数だけ手に入れることができます。欲しい医薬品が抗インフルエンザ薬だった場合は、複数個購入して適切な方法で保管することで、数年程度はいつでも感染症の症状が出たときの治療や、感染症の予防に用いることができます。特に予防目的で抗インフルエンザ薬を購入する際には、日本の医療機関が抗インフルエンザ薬を治療目的でしか処方しない所が非常に多いことから、通販サイトは大変役立ちます。
ただし、抗インフルエンザ薬の購入を目的に外国製医薬品の通販サイトを利用する際は、サイトの利用方法や利用規約が書かれたページをよく読み、注意しなければならない点を十分に把握する必要があります。通販サイトの利用規約の下地になっている医薬品医療機器等法や特定商取引法などの法律は、利用者も守らなければなりません。他人への譲渡や貸与など、自分が使用する目的以外で医薬品を利用したり、他人の代わりに注文して購入することは、法令に違反する行為なので絶対に行わないようにしましょう。